NOTICE FROM KOSEN-AT

KOSEN-ATからのお知らせ

[お知らせ] 支援機器製作セミナー特別企画 障がい×支援機器×旅行(Part3)2021年1月24日

第19回 多様性と共生を考えるセミナー / 第6回 山ねこ工作室製作会 支援機器製作セミナー特別企画:障がい×支援機器×旅行(Part3)


 日 時:2021年1月24日() 13:30~15:30

 会 場:ZOOMオンライン

 共 催:徳山工業高等専門学校、周南総合支援学校、徳山大学

 協 力:山ねこ工作室製作実行委員会


 講演①:支援機器×ひと・もの・こと

 講 師:山ねこ工作室 山本肇氏、山本淳子氏


 講演②:障がいがある長男の支援機器との出会いと地域の小・中学校生活のお話

 講 師:とことこあーす株式会社 リスタートトラベル事業部 森本純子氏


 トークセッション:縁・つながり・協働➡地域共生・社会参加へ

 例年、「山ねこ工作室」の山本ご夫妻をお招きし、高専とのコラボで開催してきた「支援機器セミナー」ですが、今年はコロナ禍のため製作活動を中止し、オンライン特別企画として開催致します。

 工夫や支援が届けば「本当は叶えられる思いや願い」なのに、知る機会がない、教えてもらえない、社会環境が整っていないために、当事者があきらめていること、支援者があきらめさせていることはないでしょうか。

 このセミナーでは、当事者の思いや願いを叶える支援機器を届けてこられた山本ご夫妻と、リスタートトラベルという企画で障がいや病気のある方の旅行をトータルサポートされているトラベルコンサルタントであり、医療的ケアが必要な障がいのあるお子さんの母親でもある森本さんのコラボによる講演&トークセッションを行います。

 一見、関係なさそうな支援機器と旅行ですが、当事者に寄り添って活躍される3名の講師の様々な切り口でお話しに触れ、立場の異なるみなさんと共にセッションする中で、私たちが目を向けてこなかった支援と社会の課題、共生に必要な視点とアイデアなども浮かび上がるのではないかと期待しています。これからの共生社会を構成する一市民として、一緒に考えてみませんか。

 年齢や職種、支援や機器の経験などを問わず、多様なお立場からのご参加をお待ちしております。

内容詳細(講師からのメッセージ)

講演①:支援機器×ひと・もの・こと

 私たちの「ものづくり」は「製作したものを納品して終わり」ということではありません。スイッチや支援機器の活用でご本人たちの生活がどのように変わったか、まわりの方たちがどのように変わったか、どんな未来に繋がるのか…。具体的なエピソードを交え、スイッチや支援機器の活用から広がる世界の一端を紹介し、みなさんと共有し合いたいと思っています。


講演②:障がいがある長男の支援機器との出会いと地域の小・中学校生活のお話

 長男と山ねこ工作室との出会いから、VOCAや支援機器を使った学校生活。山ねこ工作室との種まき活動という長男の仕事。旅の経験や工夫を伝えることがもう一つの仕事。自分の好きなこと、得意なこと、自分にしかできないことが仕事になる。病気や障がいのある方の旅行のお手伝いは長男だけでなく、私自身の喜びと自己肯定にも繋がったというお話です。


トークセッション:縁・つながり・協働➡地域共生・社会参加へ

 2つの講演内容を題材に、共生社会の将来像をみなさんと一緒に描く試みです。

本セミナーは「独立行政法人国立高専機構 Gear5.0 未来技術の社会実装教育の高度化"持続可能な地域医療・福祉を支えるAT-HUB構想とAT技術者育成による共生社会の実現"」および「山口県立周南総合支援学校・徳山大学・徳山工業高等専門学校との連携協力に関する協定」によるものです。